妊活 サプリ ランキング

高齢出産のリスク

 

私は妊活を経て40歳で出産しましたが、妊娠中や出産前後に、高齢だからといって、特別な異常はありませんでした。
妊婦健診などでも、特に何も指摘されず、普通の妊婦生活でした。

 

けれども、子育てをしていく中では、色々と葛藤を抱えていくことになりました。
まずは、髪の毛がどっと抜けた事です。
出産後は、ホルモンの関係で一時的に髪が抜ける事は、よくある事ですが、通常、すぐに回復します。
私の場合は、子どもが小学生になった今でも、薄いままです。
理由はわかりませんが、妊活をしている時の治療も影響しているのではないか、と考えています。
体外受精などをするにあたって、注射をしたり、服薬をしたりして、生理的なことを人工的に調整したりしたからではないか、と思うのです。

 

また、子どもが成長するにつれ、幼稚園など社会的な場に出ていくと、自分が一番の年長者だったりということはよくあります。
時に、自分が周りから浮いている、と感じることもありました。
ほとんどのママさんは、好意的ですが、まれに高齢であることをからかうような方もいました。
ごくまれにですが、街で買い物中に、「孫」と間違われたことも数回あります。

 

さらに、私も高齢ですが、夫も高齢です。いつまでも健康かどうかはわかりません。
それなりの備えは、皆さんされているでしょうが、リスクは高いといえます。
子どもが生まれた直後は、まだ40歳。今の40代は、まだ若いです。
子どもが生まれた喜びに気持ちが若返り、張りのある生活を送れます。
けれども、10年たてば50歳です。まだ子どもは小学生。自分や夫の健康に不安もでてきます。
そこのところをよく考えておくべきだと、今になって、つくづく感じます。

 

妊活をしている時は、時に「妊娠すること」に気持ちが行き過ぎて、そのゴールしか見えなくなってしまう気がします。
いま一度冷静になって、妊娠がゴールなのではなく、その後に、二十年は続く子育てについてもよく考えて、妊活にのぞんでほしいと思います。